PROFILE

b_2_castor_troy

Author:b_2_castor_troy
(I thinks that I will spell the ones such as the favorite black music as my own accord for all over the world!)
When there is not a report, defrost pw is [ ljiml ].


THIS BLOG





COMMENTS


TRACKBACKS


RECOMMEND

 
ドミノ・ピザ  
 
Ali Crucial
 
Amyth The World Is Ours
 
Angela Winbush
 
Asante
 
ATL
 
Avila Brothers
 
Untitled
 
Black Girl
 
Blackstreet
 
Boyz of Paradize
 
Brik Citi
 
Bru
 
Chuckii Booker
 
Classic Example
 
Code 3
 
Coming of Age
 
Deep Threat
 
Double Action Theatre
 
Dwayne Wiggins Eyes Never Lie
 
Eddie F. & Untouchables
 
El DeBarge
 
Entourage
 
Eric Roberson
 
E.V.E.
 
Force MD's
 
For Lovers Only
 
4.0
 
4Kast
 
Front Page
 
Full Force
 
Glenn Lewis
 
Groove U.
 
Horace Brown
 
Intro
 
The Isley Brothers Mission to Please
 
Jesse Powell
 
All That I Am Joe
 
Let's Get the Mood Right
 
Keith Martin
 
Kindred
 
Kreuz
 
Ladae
 
Lade Bac
 
Le-Jit
 
M&M
 
Marc Dorsey
 
Mario Winans
 
Mark Morrison
 
Me-2-U
 
Men of Vizion
 
Mind, Heart & Soul
 
Modest Fok
 
N-Phase
 
Nais
 
Otis & Shugg
 
Phajja
 
Profyle
 
Raab
 
Rahsaan Patterson
 
Raheem DeVaughn
 
Raphael Saadiq
 
Real Ideal
 
The Real Seduction
 
Reel Tight
 
Sam Salter
 
Shello
 
Shiro
 
Shomari
 
Silk
 
Simple Pleasure
 
Sleepy Brown
 
Solo
 
Somethin' for the People
 
Subway
 
Terri Walker
 
3 frum tha soul
 
Tiffany Villarreal
 
Tonex
 
Tony Thompson
 
The Transitions
 
Trellini
 
U-Mynd
 
Urban Mystic
 
Yours Truly
 
Youth Edition
 


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In Essence

In Essence/The Master Plan (2003 Vik/BGM)
In Essence/The Master Plan (2003)
1. Touch Interlude
2. Who Are We
3. You Will Never Find
4. S.T. Interlude
5. I.E.
6. Friend of Mine
7. Melodi.E.
8. Smooth Interlude
9. Do Whatcha Like
10. Closer
11. Pops Interlude
12. Change
13. Dru Interlude
14. Go Ahead
15. Lay You Down
16. Que Interlude




IN ESSENCE BMG SONY



In EssenceはDru, Smooth, Pops, Touch, Queの5人からなるカナダはトロント出身のヴォーカルグループです。 確かDruとPopsがソロアルバムを出してますよね。
この方達 ステレオ片手にNew Yorkに行き、Funkmaster Flexの前でパフォームして一気に契約を勝ち取ったそうです。 New YorkとTorontoを行き来し、このアルバムを作るまでに10年も掛かったそうです。
Mobb Deep"Quiet Storm"ネタのオケにOran Juice Jonesの"Rain"を口ずさむ糞カッコ良い反則曲"You Will Never Know"がHot 97にピックアップされ、更にはFunkmaster FlexのMix Tapeに収録されたりして、クラブバンガーとして有名みたい。 でも僕はクラブってのにもう何年も行ってないので知りませんでした。
In Essenceの苦労して作られた、このなんだかインディージョーンズみたいなジャケのデビューアルバム メチャお気に入りです。 ほとんどの曲がアップ。 この頃(今もですが)似たような美メロ曲ばっかりで飽き飽きしてたところガチンときました。 はい
まず小手調べと言わんばかりにハーモニーを聴かせる#2,前述の#3, 奇天烈な民族調が癖になる#5, ロック入り具合がかっこいい#6...等々一気に聴かせてくれます。 #14, #15の最後の2曲はスロウ。 アップがいけるグループはやっぱりスロウもいけますね。 勢いもあるし、かっこいい曲だらけの素晴らしいアルバムだと思います。
ただメジャー配給なのに当時から日本では流通が少ないのが残念です。



In Essence - I.E.







続きを読む »

スポンサーサイト
Blackstreet ?REUNION?


はいBLACKSTREET ?REUNION?2/13(金)の2ndと 2/14(土)の2nd 行ってまいりましたよー
2/13は正面・ 2/14は上の方の席でした。
メンバーは2ndと4thAlbum時のオリジナルメンバーTeddy Riley/Chauncey Black/Eric Williams/Mark Middleton


Play Listはというとだいたいですが
Opening
This Is How We Roll
Don't Leave Me
Make U Wet
Botti Call
Never Gonna Let You Go
Joy
Before I Let U Go
Fix
Deep
Teddy Riley Vocoder Medley
Let's Chill
No Diggity
-encore-
Rump Shaker
Buy Me Love

てな感じでした。


Play List自体は昨年のAdidaの時とかなり一緒ぽかったですが、歌力が全然ちがいますね。 当たり前ですけど。
やはりやはりMark Middletonがすげかった。 "Never Gonna Let You Go"でほぼ一人で歌ったんですがハイテナー?ファルセット?フェイクとハンパないっす。 Kevon EdmondsかMark Middletonかってくらい伸びる 伸びるー。 最後は膝ををついてこぶし突き上げてました。 まるでパンパンに勃○した○根のよう。

Mark Middleton 激唱の図
Mark Middleton 激唱の図

Chauncey BlackはFlipmode Squad入りしたし怖そうなイメージだったんですけど、 "Hot Summer Jam"っていうLive DVDで見たとおりサービス精神旺盛で脱ぐは客席走り廻るは。 握手したし! Teddyと仲良さそうでした。 あのころ寂しかったんだね。 きっと。

Eric Williamsはというと正直自分のなかでは影が薄かったんですけど、やっぱ4人の中では縁の下の力持ちって感じ。 しかも一番絞れてなくてポニョっとしてたし。 僕よりメタボ。 しかも2/13の方は少し具合悪そうでした。 でも"Before I Let U Go"をソロで歌ったんですけど温かみのある歌声でとても良かったです。
で終了後いろいろ持ってってサイン頂いてきましたー! いやー楽しかったです。 次はK-Ci & Jojo & Sispoかなー



Blackstreet Billboard Live 2009
額に入れて飾ります!!

ほんとはねMark Middleton / My Turn My Timeにもサイン貰いたかったんですけど、売り払ってました。
だって高かったんですもん。。。 こんなことなら大事にとっておけばよかった(泣)







Mixed Breeds/Deep Game (2000 Deep Game)
Mixed Breeds/Deep Game
1.Intro f.eat G.B.
2.Don't I.mpress Me Much
3.Where My Thugs At feat Ombrosia & Black Rhino
4.All Around feat D-Cal
5.One Crime feat Crazy 8
6.Im So High feat Keith Martin
7.Hard To Kill Off feat Spice-1
8.Locked Down feat Virgil & Black Rhino
9.Drop A Doobie feat Keith Martin
10.Come On Over To My Place feat Keith Martin
11.Instead Of Watchen Me feat Medic 1 & D-Cal
12.Freestyles feat Young Ren of Doja Click & Medic 1
13.Don't Impress Me Much (Remix)
14.Haters feat Young Droop, Young Ren, Medic 1
15.California feat Titus
16.Outro feat Virgil

私G-Rapに疎いですがー、CaliのG-RapグループMixed Breedsのこちらの盤G-Rapマニアの方々には相当有名でかなりレアなお皿だそうです。
Mixed Breedsって名前ですがあまりチカーノ的な雰囲気は無く全編真っ黒です。 これが全曲メチャカッケーんですよ。 ソウルフルなメロウファンクありバウンス調あり♀ボコーダーがらみありと。。。
で白眉は我らがKeith Martinが歌いまくる曲が3曲も! Keith Martinって確かサーブブランドBillabongの配給で数枚アルバムを出してますが、こんなお皿にも登場してたんですね。 90's Classicをして名高い1st"It's Long Overdue"の頃の瑞々しくも甘酸っぱくナイーブな歌声を披露してくれてますよ。
ノーバーコードでなかなか見つからないかも知れませんが、歌物もRap物もいけるって人にはオススメです!







 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。